ハイジニーナ脱毛のデメリット?

ハイジニーナ脱毛はOライン、Iライン、Vラインというデリケートラインの脱毛を完全に行うことができるコースとして知られています。
最近人気となってきているハジニーナ脱毛のデメリットは何なのか調べてみました。

 

基本的に、一度処理してしまったら、元に戻すことが困難ということがあげられていますが、そこはどこの脱毛をしても同じなので、ハイジニーナ脱毛独特のデメリットとはいえないかと思います。また、毛深いのが嫌だから脱毛するのでデメリットとは言えないのではないかと思います。

 

私が個人的にハイジニーナ脱毛のデメリットとしてあげるならば、温泉等に入る時に恥ずかしいことくらいでしょうか?
やはりパイパン状態となるわけですからデリケートな部分は丸見えですよね。まるで子供のような陰部状態となることを想像してみましょう。

 

また、陰部の毛がないため、保護すべき部分が保護できていないのではないかという不安はついてくると思います。
パイパンにしたせいで免疫力が弱くなったというような話はききませんが、陰部が少しかくれる程度に残す脱毛方法も人気のようですね。見栄えも重視するなら少し残した方がいいでしょうね。

 

 

 

このハイジニーナ脱毛のVラインは扱うサロンがほとんどですが、Iライン、Oラインとなると扱いの無いサロンもありますので脱毛の際は確認をしましょう。そしてサロンで行うハイジニーナ脱毛ですがワキなどの部位と比較すると痛みの強い個所だと言います。
無痛で脱毛を行うというサロンもありますが、やはりデリケートラインだけに施術自体にある程度の痛みは覚悟しなければならないということもデメリットとして覚えておきましょう。

痛くない脱毛なら脱毛ラボ

脱毛ラボは名古屋に2店舗展開中です。ハイジニーナを行える脱毛サロンの中では最もお得に脱毛が行えるサロンとなります。脱毛ラボのハイジニーナは1回ずつ行うことが出来ますが、6回コースとして契約することで20%OFFとなりお得に脱毛できます。また、脱毛ラボは他の脱毛サロンではないサービスとして営業時間が22時までとなっています。

  • 6回パック(2年保証) 43,104円(10,776円お得)
  • 1回 8,980円

名古屋栄店:愛知県名古屋市中区栄3-7-4 TOSHIN SAKURAビル 4階
          (地下鉄東山線栄駅から徒歩3分)
名古屋駅前店:名古屋市中村区名駅南1-17-25 アスタービル5階
          (名駅ミヤコ地下街4番出口から徒歩1分)
■営業時間:10:00〜22:00


 

脱毛ラボの店舗情報

<<関東>>渋谷宇田川交番前店・池袋西口店・銀座店・新宿店・横浜西口店・大宮店・柏店・立川店・藤沢店
<<関西>>なんば心斎橋店・梅田店・三宮駅前店・四条河原町店・京都烏丸店
<<中部>>名古屋栄店・名古屋駅前店
<<九州>>福岡西新店・博多駅前店